正岡子規  句稿七句

  • 句稿七句
  • 句稿七句

句稿七句

商品番号 19008
作家名 正岡子規
作品名 句稿七句
作家略歴

1867~1902 愛媛生・俳人 幼名・升、名・常規、号・獺祭書屋主人、竹乃里人など 東京大学国文科中退。初め自由民権運動の影響を受け政治家を志した。「歌よみに与ふる書」を発表、短歌革新に情熱を注いだ。

商品詳細

明治26年福島県杉田の遠藤菓翁に訂正を乞う(乞鄭正)為に俳箋したもの。
紙本・絹装 22×12 145×24 
紙本少折レ 
遠藤菓翁旧蔵 箱入
「山桜さく手際より散るてぎは」
「千年の松をかかへて枝蛙」
「嵐雪の黄菊白菊庵貧し」
「日あたりの入江にたまる小鴨かな」
「旅中漫吟数句」
「花一つ一つ虻もつあふひかな」
「本宮より杉田に至る途中」
「水無月やここらあたりは鶯が」
「華翁先生のもとに一夜の情を受けて」
「夕立に宿をねだるや蔵の家」
「乞鄭正」 「子規拝」

商品価格 750,000円
季節




会社情報

新古美術わたなべ

  • 〒605-0082
  • 京都市東山区新門前通花見小路南西角中之町236-7
  • TEL 075-532-1231
  • FAX 075-532-1238

お問い合わせフォームへ


ページの先頭へ