• ホーム -> 
  • 商品一覧 -> 
  • 頼山陽 頼聿庵:山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶

頼山陽 頼聿庵  山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶

  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
  • 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶

山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶

商品番号 18087
作家名 頼山陽 頼聿庵
作品名 山陽先生詠牽牛花七絶 聿庵先生題楠公画像七絶
作家略歴

頼山陽
1780~1832 安芸生・儒者 名・襄、字・子成、通称・久太郎、号・山陽、山陽外史 尾藤二洲、菅茶山に学ぶ。のち脱藩し、京都に山紫水明処を構え住した。著書に「日本外史」など。長男聿庵・次男支峰・三男三樹三郎はともに儒者として知られる。

頼聿庵
1801~1856 安芸生・儒者 名・元協、字・承緒、通称・余一、号・聿庵 父は頼山陽。頼支峰・三樹三郎は異母弟。祖父頼春水、大叔父杏坪に学ぶ。頼家の家督を継ぎ、広島藩儒臣となる。詩を能くした。

東久世通禧
1833~1912 京都生・公卿、政治家 号・竹亭 東久世通徳の子。外国事務総督、神奈川府知事、侍従長などを歴任。貴族副議長。

商品詳細

紙本・絹装                             
(右幅)132×29(左幅)129×29 (各)205×42    
紙本少折レ 
「頼山陽先生真蹟百選」審美書院発行(昭和6年)所載添付 
東久世通禧箱書(二重箱入)

商品価格 320,000円
季節




会社情報

新古美術わたなべ

  • 〒605-0082
  • 京都市東山区新門前通花見小路南西角中之町236-7
  • TEL 075-532-1231
  • FAX 075-532-1238

お問い合わせフォームへ


ページの先頭へ