与謝蕪村  鉢たたき自画賛

  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛
  • 鉢たたき自画賛

鉢たたき自画賛

商品番号 17098
作家名 与謝蕪村
作品名 鉢たたき自画賛
作家略歴

与謝蕪村
1716~1783 摂津生・俳人、画家 姓・谷口、俳号・宰鳥、宰鳥夜半亭、画号・四明、朝滄、長庚、春星、謝寅など 画を彭城百川、俳諧を夜半亭宋阿に学ぶ。門下に呉春・几董・月居ら多くを輩出した。俳画の先駆者。

山田寒山
1856~1918 尾張生・篆刻家、曹洞宗僧侶 名・潤子 小曽根乾堂に篆刻を習う。福井端隠に入門、高芙蓉の流れを汲む古体派の篆刻を学ぶ。清国に渡り、呉昌碩と交友しその門下となる。

商品詳細

「木の端の坊主のはしや鉢たたき」
紙本水墨・絹装 49×19 147×34 紙本少シミ
「没後220年蕪村展」逸翁美術館柿衛文庫(平成15年)出品并図録所載添付
山田寒山箱書

商品価格 お問い合わせ




会社情報

新古美術わたなべ

  • 〒605-0082
  • 京都市東山区新門前通花見小路南西角中之町236-7
  • TEL 075-532-1231
  • FAX 075-532-1238

お問い合わせフォームへ


ページの先頭へ